損益分岐点売上高とは何か

Pocket

 

損益分岐点とは、売上高がこれ以下になると損失になるというデッドポイントを示すものです。言い換えれば、利益も損失もでない「収支トントン」の状態をいいます。

 

この損益分岐点売上高は何のために必要かというと、現在の売上高が損益分岐点売上高に対してどのような位置にある
かを知るためです。


 原価と売上高、利益の関係を調べることをCVP分析と呼んでいますが、この関係を表したものが損益分岐点図表です。損益分岐点売上高は表中の公式によって求めることができます。

 

固定費は売上高の増減に関係なくかかる経費のことで、地代、家賃、電気代、人件費などがあります。

 

変動費は売上高の増減に比例して変化する経費をいい、商品仕入代、包装費、荷造り代などが該当します。

 変動比率は売上高に占める変動費の割合、限界利益率は売上高に占める変動費以外のもの(限界利益=固定費+利益)
の比率をいいます。

 

損益分岐点は収益力を見ることができます。損益分岐点の位置が低いほど限界利益率が高く、収益力の高い商品といえ
ます。そして、収益力の高い商品ほど変動費率が低いのです。

 ということは、売場を利益の出やすい体質にするには、固定費と変動費を低く抑えて、限界利益率を高めればよいということになります。

スポンサーリンク

Comments are closed.

Top