値入高と荒利益高は間違いやすい

Pocket

 売場にいる方でしたら、流通業界ではなじみのある「値入れ」という用語はすでにご存じのことと思います。あまり身近すぎて、その重要性をおろそかにしてはいませんか。

 

値入れに対する理解は、売上げや荒利益を考えるうえでの出発点ともいえるものですから、正しく理解することが重要です。そこで値入れについて少しくわしく説明していくことにします。


 商品を販売するには、商品を仕入れた価格に、いくらかの利益を乗せて価格を決めますが、これを値入れ、またはマーク・アップといいます。

 

この時、売価と仕入原価との差額を「値入高」(値入高=売価または仕入売価-原価または仕入原価)といいます。仕入原価が1,000円で、売価が1,200円なら、値入高は200円ということになります。

 ここで注意しておきたいのが、値入高と荒利益高の違いです。荒利益高は実際の売上高から仕入原価を差し引いたものです。

 つまり、値入高は当初見込んでいた予想売買利益高であるのに対して、荒利益高は実際に販売した後での実際売買利益
高だということです。

スポンサーリンク

Comments are closed.

Top