目標利益確保を確保する売上高の計算

Pocket

損益分岐点売上高は損益ゼロの売上高です。つまり、損益分岐点売上高より現在の売上高が高いのなら黒字となります。また、売上高が現在より何%減少したら赤字になるということもわかるのが損益分岐点売上高です。

企業経営の最終的な目的は利益を得ることにありますが、目標とする利益を達成するために必要な売上高を損益分岐点から求めることができます。

たとえば売上高200万円、変動費140万円、固定費40万円というケースで、利益を30万円にするための売上高を考えてみましょう。


公式にあてはめて計算すると、目標とする30万円を得るためには233万円の売上げが必要なことがわかります。これ以下の売上高では目標が達成できないということです。

このように、損益分岐点売上高を求める公式は正確な売上高をつかむことができますが、経費を固定費と変動費に区別しなければならないのがネックです。

売場単位で経費の区分を明確にする努力が求められますが、なかなかむずかしいというのであれば、概算をつかむ方法があります。

売上原価だけを変動費とする簡便法で、表の公式で損益分岐点売上高を求めることができます。

目標利益を確保する売上高の計算

スポンサーリンク

Comments are closed.

Top