荒利益高と荒利益率の意味を押さえる

Pocket

 売場の成績を判断する場合には、売上げの大小も重要ですが、店や会社の目的である利益高や利益率が重要な判断基準となります。

 この場合、売場に関する利益高には2種類あります。荒利益高と営業利益高です。

 荒利益高は、売上総利益のことで、荒利益(粗利益)ともいわれ、売上高と売上原価の関係から、次の式で求めることができます。

荒利益高=売上高-売上原価

 この式からわかることは、売上原価部分が大きくなれば、荒利益が少なくなり、逆に売上原価部分が小さくなれば、荒利益の割合が大きくなることです。

 荒利益とは実際の売買利益高のことで、店全体の利益を最も端的に表していることから、販売、経営活動の成果を示すバロメーターといわれます。

 売上高に対する荒利益高の割合を示す荒利益率は次の式で求めます。

荒利益率=荒利益高/売上高×100

スポンサーリンク

Comments are closed.

Top