使うべき費用と削るべき費用

Pocket

 荒利益から「販売費及び一般管理費」を差し引いたものが営業利益ですから、その大小が営業利益を大きく左右することになります。

 販売費及び一般管理費とは、営業活動のために使われた費用で、販売費は販売活動にかかった費用、一般管理費は企業全体の管理活動にかかった費用のことをいいます。


 また、販売費というのは普通、売上高に比例して増滅します。また一般管理費は、販売には直接関係ありませんが、会社の経営上必ず出費となるものです。

 

販売費が売上高に比例して増減するのに、一般管理費は売上げの増減に関係なく発生することから、販売費のことを「変動費」、一般管理費のことを「固定費」と呼んでいます。

 効率から見れば、販売費は本来は積極的に使うべき費用、一般管理費は削るべき費用といえます。売上げが増えていな
いのに、一般管理費が膨らんでいるようなら要注意です。

 売上高に対する販売費及び一般管理費の割合を「販売・管理費比率」(販売費だけの場合は「販売比率」)といいますが、
この比率が小さいほど効率がよいことを示します。

 売上げを伸ばすには対外的な戦略が必要ですが、内部努力で効率化をはかれるのが販売費及び一般管理費です。

スポンサーリンク

Comments are closed.

Top